回帰分析 (パッケージ pequad)

使用するパッケージ(パッケージのインストール

library(pequod)

データセット lm02 をdatに格納します(ファイルの読み込み

データの確認

head(dat)

目的変数=FIM差

説明変数=年齢、BMI、PT時間

fit1 <- pequod::lmres(
    FIM差 ~ 年齢 + BMI + FIM差,
    data = dat
)

summary(fit1)

VIF、標準化偏回帰係数(beta)まで出力

lm関数の場合

fit2 <- lm(
    FIM差 ~ 年齢 + BMI + FIM差,
    data = dat
)

summary(fit2)

分散分析表(lmresからは出力できません)

anova(fit1)
anova(fit2)

ダメ出し 間違い、分かりにくい部分などのご意見をお待ちします

タイトルとURLをコピーしました