回帰分析 (パッケージ pequad)

使用するパッケージ(パッケージのインストール

library(pequod)

データセット lm02 をdatに格納します(ファイルの読み込み

データの確認

head(dat)

目的変数=FIM差

説明変数=年齢、BMI、PT時間

fit1 <- pequod::lmres(
    FIM差 ~ 年齢 + BMI + FIM差,
    data = dat
)

summary(fit1)

VIF、標準化偏回帰係数(beta)まで出力

lm関数の場合

fit2 <- lm(
    FIM差 ~ 年齢 + BMI + FIM差,
    data = dat
)

summary(fit2)

分散分析表(lmresからは出力できません)

anova(fit1)
anova(fit2)

リハビリテーション研究に必要な統計学について、R(Windows, ChatGPT)を使って紹介してます。サンプルは全て架空のデータで作成しています。したがって解析結果は事実とは異なりますのでご了承ください。間違いなどのご指摘はコメント欄にご記入いただければ助かります。

統計学備忘録をフォローする

ダメ出し 間違い、分かりにくい部分などのご意見をお待ちします

タイトルとURLをコピーしました