回帰分析

ロジスティック回帰(2)

...
比率

カイ二乗検定

筋力トレーニングと歩行速度改善には関連があるか?
備忘録

RとChatGPTを使った統計学の学習方法

ChatGPTを使った統計学の勉強方法について解説しています。統計学備忘録も時代遅れにならぬよう生成AIと共生します。
比率

比率の差の検定(リハビリ回数の満足度調査)

近年、医療の質を評価する指標として患者満足度調査を取り入れる病院が増加している。今満足と回答した患者の割合はA病院よりB病院が多いことを証明してください。
分散分析

二元配置分散分析(繰り返し測定なし)

乱塊法(Random Block method)に従い、理学療法を1週間受けている患者1名、2週間受けけている患者1名、3週間受けている患者1名を5施設からそれぞれランダムに抽出し(n=15)、TUG(time up & go test)を測定して各期間の差を検証した
分散分析

一元配置分散分析

歩行が自立している高齢者のバランストレーニングの効果を確認するために、床反力計を使用して足圧中心(COP)の総軌跡長を30秒間評価した。年齢別に差があるか有意水準5%で検定してみましょう。
分散分析

二元配置分散分析(繰り返し測定あり)

自主的に毎日体操しているA群、運動指導を受けているB群、運動指導を受けてかつ毎日自主的に体操しているAB群の肩関節屈曲可動域を計測します。肩関節屈曲可動域に年齢や運動により可動域の差はあるか、また年齢と運動の交互作用の効果について有意水準5%で検証します。
2群の比較

クロスオーバー試験(混合効果モデル)

Rを使用して 「折笠秀樹. クロスオーバー試験の計画および解析. 薬理と治療, 2016, 44.9: 1261-1276.」の結果を導き出します
2群の比較

ウェルチのt検定

回復期病棟で3週間入院した脳卒中患者を対象とした。A病院の患者群をA群、B病院の患者群をB群としてFIM利得を比較した。両群の患者属性、入院時FIM、治療内容については傾向スコアにて調整した。
回帰分析

重回帰分析

Rを使いながら重回帰分析の構造を学習します。回帰分析表と分散分析表の違いもこれで理解できます。
統計学備忘録をシェアする
タイトルとURLをコピーしました